2016年9月18日日曜日

映画「君の名は」

 映画「君の名は」を観ました。前評判は然程でもなかったと思いますが、興行成績が3週間ほど連続して1位の新海誠監督のアニメ映画です。

 1カ月後に千年ぶりだという巨大彗星が地球に接近する事が大きな話題となっているある日、自然豊かな山奥の田舎町に暮らす女子高生・宮水三葉は、東京で暮らす男子高校生・立花瀧になった夢を見る。一方で東京の男子高校生・立花瀧も、田舎町の女子高生になった夢を見ていた。

 お互いに変な夢を見たと思っていた二人だったが、同じような現象が続いて発生するうちに、単なる夢ではなく、お互いの身体が入れ替わっていることに気がつく。

 お互いにお互いが気になりだした二人。そしてある日・・・。





 なかなか余韻が残る映画でしたね。単なる男女の入れ替わり物語のような出だしですけど、時空を超えたSF映画でもあるし、ピュアな恋愛映画という感じもします。

 どうして?と思うような事もあるのですけど、意味不明というよりも映画の中では描ききれていない何かがありそうな、そんな印象の方が強い。

 映画は一度観たら十分という作品と何度でも観たいと思う作品がありますけど、この映画は後者の方ですね。面白かったです。





0 件のコメント: