2016年9月22日木曜日

エッシャー展 ~視覚の魔術師~

 先日横浜のそごう美術館で開催中の「エッシャー展~視覚の魔術師~」を観に行きました。





 トリック・アートや心理学を応用した不思議なだまし絵の画家としても有名なオランダの版画家エッシャーの作品展で、モノクロの版画作品に独特の情緒があって、平日ということもあって会場が空いていて、意外と良かったです。

 何となくキワモノ的な見方で、エッシャーの作品を観ていましたが、こうした展覧会で観るとエッシャーの取り組みが分かりやすく解説されていて、前衛的な芸術家だったことが理解できます。

 展示された作品は、ハウステンボス美術館のコレクションの中から選ばれた作品ということですが、殆どの作品が色彩を感じさせない版画で、独特の幾何学模様で緻密に構成された現代のデザインに通じる部分とヨーロッパの情景を感じさせる構図が、つい見入ってしまう不思議な魅力のある作品になっていて、見ごたえがありました。

 展覧会会場の最後には、エッシャーの世界を体験しようというコーナーがあって、二次元の絵画ではなく三次元の展示物で不思議な世界観を味わえるようになっています。ここの展示も面白かったですね。







0 件のコメント: