2017年4月7日金曜日

映画「高慢と偏見とゾンビ」

観ようと思って見損なった2016年公開の映画「高慢と偏見とゾンビ」をAMAZONビデオで観ました。

何年か前にオースティンの不朽の名作恋愛小説「高慢と偏見」にゾンビをマッシュアップさせて評判になったセス・グレアム=スミスの原作小説が、ついに映画化されて登場した作品。

原作を読んだ時に、映画化権をナタリー・ポートマンが購入して映画化される予定と解説かなにかで読んだ記憶がありましたが、やっと公開されたかという感じです。

感染者がゾンビ化するという謎のウィルスが蔓延する18世紀末のイギリスを舞台にして、平和な田舎町ロンボーンに越してきた裕福な紳士ビングリーの友人ダーシー(サム・ライリー)が、ロンボーンの名家ベネット家の次女エリザベス(リリー・ジェームズ)に惹かれるという基本は抑えながらも、そこに人間を襲うゾンビを絡ませて進行するアクション・ファンタジイです。





セス・グレアム=スミスの小説は、ジェイン・オースティンの原作に案外と忠実でしたが、映画となるとそうも行かないみたいで、かなりアクションに偏った印象です。

結果的に格調の高さと奥床しいロマンスの要素が薄れてしまい、奇妙なゾンビ・アクション映画になってしまったように思います。

そういう意味では、期待はずれだったというのが正直な印象ですけど、原作とか知らずにゾンビが登場する風変わりな恋愛アクションだと思って観ている分には、この映画はこの映画なりに面白いとは思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高慢と偏見とゾンビ [ リリー・ジェームズ ]
価格:3078円(税込、送料無料) (2017/4/22時点)





0 件のコメント: