2017年7月29日土曜日

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

トム・クルーズ主演の映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」を観ました。

1932年製作のミイラ映画を現代風にアレンジしたSFアドベンチャーで、ミイラ映画というよりもゾンビ映画っぽい感じの小気味良いテンポと派手なアクションで見せてくれます。





ISが遺跡を破壊している中東の砂漠の町で、アメリカ軍人ニック(トム・クルーズ)は友人のクリス(ジェイク・ジョンソン)とISの目をくぐり抜けて古代のお宝をくすねようとしていたが、ひょんな事から砂漠の地下に埋もれていた古代エジプトの遺跡を発見する。

考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)と共に地下に入り遺跡を調査したニックたちは、そこで封じ込められた石棺を発見し、それを輸送機に乗せ輸送するのだが、飛行中にクリスの様子がおかしくなり、また輸送機を鳥の大群が襲い、輸送機は墜落しニックは命を落とす・・・はずだったが、ニックは奇跡的に命を取り留める。

実は石棺の中には古代エジプトの邪悪な王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が封じ込められていたのだが、ニックたちの手により封印が解かれ、アマネットは冥神セトの魂を入れる入れ物としてニックを使おうとしていた。


この手の映画らしくツッコミどころ満点の映画ですけど、深く考えずに単純に観て楽しむ映画だと思います。

ただジキル博士(ラッセル・クロウ)を登場させたりして、どうにも展開が妙な感じになってしまいます。あの軍団は何だろう?もっとシンプルに話を進めた方が良かったように思いますね。

お金をかけているみたいだし、映像に迫力はあるし、面白いことは面白いのですが、物語としてはどっちつかずというか中途半端な感じ。

どんな映画にしたかったんでしょうか?意図が今ひとつわからない映画でした。




0 件のコメント: