2008年12月31日水曜日

今年劇場で観た映画

 今年も今日で無事に一年が終わります。

 良い事悪い事有りましたけど、何とか一年を終えることが出来た。良かったですね。

 今年もDVDなどを含めて沢山の映画を観ましたけど、劇場で観た映画の中で一番良かったのは何でしたかね?

 私が今年劇場で観た映画は以下のとおり。

 スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
   ちょっと不気味なブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品。後味が今ひとつ。

 ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
   単純明快だけど、ややこしい点も・・・。

 ライラの冒険 黄金の羅針盤
   お金をかけた映画で、それなりには面白いんだけど。

 バンテージ・ポイント
   もっと心理劇的な話かと思っていたけど、アクション・サスペンス作品でした。

 アメリカン・ギャングスター
   人間としての美学はあるけど、違う方向に向かわざるを得なかった男の話。良かった。

 ジャンパー
   原作の方が納得できる。映像は良かったけど。

 紀元前1万年
   タイトルと少し違う雰囲気がした。割り切れば面白い。

 ミスト
   衝撃のラスト。自分としては納得出来ないけど、完成度は高いような気がする。

 ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛
   第一部よりは面白かった。

 休暇
   死刑制度について、色々と考えさせられた。

 僕の彼女はサイボーグ
   SF青春物。綾瀬はるかが可愛い。

 スピードレーサー
   実写版マッハ・ゴーゴーゴー。思ったよりも面白かった。

 ザ・マジックアワー
   面白い、笑える、多分また観る。

 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
   流石にスピルバーグと思うものの、ハリソン・フォードのアクションにムリを感じる。

 インクレディブル・ハルク
   アメコミ原作だけど大分悲しいヒーローで、スッキリ感に欠ける。

 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
   今ひとつ。作品の狙いも良く分からない。

 幸せの1ページ
   楽しいおとぎ話という雰囲気。

 最後の初恋
   ただの恋愛物とは少し違った作品。主演の二人がいい感じ。

 ハンコック
   結構好きな作品。シャーリーズ・セロンがキレイで格好良い。

 宮廷画家ゴヤは見た
   格調高い作品。

 崖の上のポニョ
   やっぱり宮崎アニメは良いなぁと再認識する。楽しい作品。

 イーグルアイ
   迫力いっぱいですけど、話にムリがあるとは思う。

 彼が二度愛したS
   キライな雰囲気ではないけど、展開が何となく読める。

 ハンサムスーツ
   お笑いの雰囲気が映画全体を覆っていた感じがする。

 D-WARS ディー・ウォーズ
   お金をムダにかけているんじゃないの、という訳の分からない作品。

 まぁ上記の通りでしたけど、考えさせてくれる良い作品は「休暇」、一番楽しめたのは「崖の上のポニョ」、笑えた作品No.1 は「ハンサムスーツ」、泣けたのはあえて選べば「最後の初恋」、善し悪しは別にして衝撃的だったのは「ミスト」、そしてワーストは「D-WARS ディー・ウォーズ」です。

 来年も又面白い映画作品に出会いたいものです。

 それでは皆様 良いお年をお迎えください。

0 件のコメント: