2011年11月26日土曜日

映画「マネーボール」

ブラッド・ピット主演の実話に基づいた映画「マネーボール」を観ました。

 メジャーリーグの貧乏球団オークランド・アスレティックスはリーグ優勝をかけた試合で善戦するものの、選手層の厚さの違いが出て金持ち球団に勝てない。その上天塩に育てたチームの柱の選手は、FAで他球団に移籍してしまう。

 ゼネラル・マネージャーのビリー・ビーン(ブラッド・ピット)はスカウト陣とその穴埋めを検討するが、予算の不足がネックとなり来季の戦力が揃わない。そうした中でトレード話で他球団に出向いた時に会ったイェール大卒の秀才ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)が語る「実力を過小評価されている選手たちを集めてチームを作る」という理論に惹かれて、ピーターをGMの助手として雇い新しいコンセプトでチーム作りを始めるが、監督を始めとした周囲の人間は彼らの構想に理解を示そうとしない。

 アメリカン・リーグ記録となる20連勝を達成した2002年のアスレティックスを作り上げ、大リーグのチーム作りを根底から変えた男ビリー・ビーンに焦点をあてたドラマです。

 試合をするのは選手、現場で指揮を取るのは監督ですけど、監督・選手を集めてチーム作りをするのはGMの仕事。ただ彼が脚光を浴びるような事は殆ど無い中で、出来るだけ選手とは交流せず、試合も観ないGMの孤独感のようなものが良く描かれていたように思います。

 シーズン初めは結果が出せずに叩かれ続けた中で、トレードなどでチームを立て直し、新記録となる20連勝を達成していく過程は、映画を見ている観客の私も盛り上がってしまう展開です。

 それでも単なる成功話にはしていない所が良い作品です。


2011年11月23日水曜日

インモータルズ -神々の戦い-

映画「インモータルズ -神々の戦い-」を観ました。

 オリンポスの神々がまだ存在している時代のギリシアが舞台。妻子を亡くして神々に恨みを持つ邪悪な王ハイペリオン(ミッキー・ローク)がギリシアに攻め入ってくる。彼の目的はオリンポスの神々により封印された古の邪悪な神々タイタン族を解き放ち、世界を手中に収める事。

 そうした中で神々の王ゼウス(ルーク・エヴァンス)が変身した姿で指導した勇者テセウス(ヘンリー・カヴィル)がハイペリオンに立ち向かう。


 何でR15指定なのかと思いましたが、予告編などを観て思っていたような冒険活劇とは少し違って、万人受けではない少々暴力的な場面が多い作品でしたね。

 ギリシヤ神話を題材にしていますけど、神々の戦いという副題ほどには神々は登場しないし、話の内容も何だかピンと来ないと言うか唐突な感じがして、観ていて今ひとつ盛り上がリませんでした。

 私はこういう神話を題材にした作品って基本的には好きなんですけど、もっと単純明快な作品のほうが好きだなぁ。期待して観ただけに残念です。


2011年11月13日日曜日

映画「フェア・ゲーム」

映画「フェア・ゲーム」を観ました。

 CIAエージェントのヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)は、アフリカのニジェールから大量のウランがイラクのフセイン大統領の元に送られたという報告の真偽を確かめるために、夫で元ニジェール大使のジョー(ショーン・ペン)をニジェールに派遣することをCIA上層部に提案し、CIAの要請でジョーがニジェールに調査に出向く。

 ジョーが調べた範囲では、そうした事実は一切発見されず、彼はその通りの報告を上げる。

 しかし米国政府が発表したイラクに大量破壊兵器が存在する証拠の1つとして、アフリカから大量のウランがイラクに運び込まれた事があげられると、ジョーは事実とは違うとマスコミに告発し、その発言をもみ消すために米国政府の要人はジョーの妻がCIA職員である事をマスコミにリークする。


 実話に基づいた社会派サスペンスです。

 夫が妻を利用した、または妻が夫を利用した、夫婦で私欲のためアメリカ政府を利用している等の悪評を振りまくことで、ジョーの発言の信憑性に疑問を投げかけ、ひいてはイラク侵攻の判断ミスを誤魔化そうとするアメリカ政府と、それに対して孤軍奮闘するジョー。ジョーがマスコミに発表したことにより隠していた自分の身分を公表され、それでも沈黙を守り続ける事でジョーとの夫婦仲もおかしくなっていくヴァレリー。

 最初はとりとめのない場面から始まるので、ピンと来なかった作品ですけど、物語が進行するにつけ迫力が出てきます。

 巨大な権力に挑む個人というスタイルはアメリカ人が好みそうです。ジョーに対してまるでアメリカ人の敵というような扱いをする人たちもいれば、草の根の人たちがジョーを精神的に支援していたりする。そういうところが一方的に流れがちな日本とは違う多様性がある社会なのかも知れないと思います。

 思った以上に面白い作品でした。



2011年11月3日木曜日

カウボーイ&エイリアン

 映画「カウボーイ&エイリアン」を観ました。

 開拓時代のアメリカ西部の町に、腹に傷を負い手首に奇妙な腕輪をして記憶をなくしたガンマン(ダニエル・クレイグ)がやってくる。

 金が取れなくなった町は荒んでいて、近在の大牧場主ダラーハイド大佐(ハリソン・フォード)のバカ息子が酒を飲んで乱暴狼藉を働いていたが、ガンマンに喧嘩を売った際に誤って保安官助手を銃で撃ってしまい留置所に囚われ、また記憶を失ったガンマンはお尋ね者のジェイク・ロネガンと分かってこちらも逮捕される。

 夜になって連邦保安官の元に二人が護送されるという時に、ダラーハイド大佐が息子を奪い返しにやってくるが、まさに大佐と保安官の争いとなるかというタイミングで空から現れた奇妙な飛行物体に町が襲われ、町の住人とダラーハイド大佐の息子が拐われていく。銃など歯がたたない中で、ジェイクの左腕に付けられた腕輪は光り出して、飛行物体を撃ち落とす武器に変わる。

 翌朝、大佐と町の人達、ジェイク、そして謎の美女は拐われた人たちの救出に向かうが・・・。


 舞台が西部劇の時代というだけで、まぁ普通の宇宙人侵略物といった感じのSFアクションです。観ていてインディ・ジョーンズみたいと何度か思いました。

 金を奪いに来たという強いのか弱いのか分からないようなエイリアン、好人物なのか悪人なのかハッキリしない大佐と主人公のガンマン。良く訳のわからない謎の美女の正体。

 けっこう生真面目な設定なのにムリがある話で、こういう事が気になる人は気になるんでしょうね。

 私は何も考えずに観ていたので、単純に楽しめました。でも面白かったよ、という事しか言えない類の作品ですね。豪華な出演者のB級SFアクションという感じの作品です。