2009年8月31日月曜日

落語娘

 ミムラと津川雅彦主演の映画「落語娘」をDVDで観ました。
 
 幼い頃からの夢をかなえるために、女だてらに落語界に飛び込んだ香須美(ミムラ)。しかしそこは伝統に胡坐をかく男性社会で、女の落語なんてと極めて評判も悪い。

 しかも手本とする古典落語の噺家三松家柿紅(益岡徹)へは弟子入りが叶わず、まともに高座にも上がらない奇人三々亭平佐(津川雅彦)の弟子になっている。

 折りしも辣腕TVプロデューサーの仕掛けで、師匠の三々亭平佐が演じた者は必ず命を落とすという禁断の噺「緋扇長屋」に挑む事になってしまう。

 さてこの怪異な話に、師弟コンビはどう向き合いますか・・・。

 こんな感じのユーモラスな落語ドラマです。


 しかし、実はホラーでも有ったんですね。

 たんに禁断といわれているが実際には何てことない話だろうと思っていましたが、ホントに怨念がこもった話のようで、この辺りが見事な怪談話にもなっています。

 逆境にもめげずに頑張る女性落語家の話、なかなか面白い作品でした。・・・もっとも確かにあえて女性の落語が聞きたいかと問われれば、う~んと思いますけどね。ちょっと生々しすぎる感じがしちゃうからかな。



映画「落語娘」

2009年8月30日日曜日

駅前温泉

 DVDで1962年の映画「駅前温泉」を観ました。

 新しく誕生したデラックス・ホテルに押されて寂れてしまった駅前の温泉街を舞台にして巻き起こる珍騒動。おなじみの駅前シリーズの第4作目です。

 何とも懐かしい出演者の顔ぶれですね。この年の作品位になると、私も知った顔が増えてきます。

 森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子のお馴染みのメンバーに加えて、池内淳子や三木のり平、森光子、左卜全に司葉子に夏木陽介か・・・。みんな若いよなぁ。

 まだまだ貧しい時代、戦争の傷跡も感じられる時代なのに、全体的に妙に明るいんですねぇ。温泉芸者さんも若いし、ああいう宴会ってそういえば有ったなぁ。かすかに記憶が有ります。

 人情がまだ今よりも色濃かった古き良き時代ですね。


2009年8月29日土曜日

「JUNO/ジュノ」を観ました。

 DVDで映画「JUNO/ジュノ」を観ました。

 16歳の少女ジュノ(エレン・ペイジ)が友達のブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位でセックスをして妊娠してしまう。

 最初は中絶をする積りが気が変わり、出産を決意して養子求むの広告から自分で里親を探して出産する。

 両親とのつながりの発見、里親となる裕福な夫婦を始めとした色々な人との出会いなどを通して、少し変わり者の少女ジュノが成長していくさまを描いたヒューマン・コメディーです。

 昔だったらセンセーショナルな話題だったと思いますけど、けっこう妊娠した少女も周りも冷静に物事を受け止めている感じで、少女もおなかが大きくなっても普通に学校に通っているし、父親の少年に責任がどうのというのもない。

 けっこうあっけらかんとした雰囲気が時代は変わったと思わせてくれる。

 最初は考えの足りない風変わりな不良娘の話かと思いましたが、ごく普通に展開して行って家族とか夫婦とか愛とか子育てとかを考えさせてくれるし、何よりも自然体に行動するジュノが観ているうちに魅力的になっていきます。

 ジュノの両親のスタンスがまた良い。特に父親の態度。ああいう態度は私だったら絶対に取れない。

 予想以上に面白い作品でした。



JUNO/ジュノ

2009年8月23日日曜日

映画「アメリカン・スウィートハート」

 ジュリア・ロバーツ主演のラブストーリー「アメリカン・スウィートハート」をDVDで観ました。

 スクリ-ン上で人気カップルだったグウェン(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)とエディ(ジョン・キューザック)は私生活でも理想の夫婦と思われていたが、グウェンの浮気が元で破局し離婚の危機にある。

 グウェンは浮気相手のスペイン人ヘクター(ハンク・アザリア)と同棲しているが、浮気から落ち目になった人気を気にし、エディはグウェンの浮気にショックを受けて施設で療養中。

 そんな中、不仲になったゴールデン・カップルの新作映画の宣伝話が持ち上がり、やり手宣伝マンのリー(ビリー・クリスタル)はグウェンの付き人で妹のキキ(ジュリア・ロバーツ)に力を貸して欲しいと依頼する。

 実はキキは未だにグウェンに未練を残すエディに、密かに恋心を抱いていた。


 コメディタッチのラブストーリーで楽しめました。わがまま一杯の人気美人女優役にキャサリン・ゼタ・ジョーンズがピッタリはまっている感じです。

 ジュリア・ロバーツは人気女優と普通の本屋の店主との恋愛を描いた「ノッティングヒルの恋人」では華やかな女優役を演じていましたけど、この作品は丁度逆な役回りですね。私はそんなに好きなタイプの女優さんではないけど、この作品のジュリア・ロバーツは可愛かったですね。

 ジョン・キューザックは、どことなく良い人っぽい雰囲気が好きですね。


2009年8月22日土曜日

地球が静止する日

 1951年の映画をキアヌ・リーヴス主演でリメイクした、2008年のSF映画「地球が静止する日」をDVDで観ました。

 自分達の都合で地球を破壊する人類への警告で地球に現われた宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)と、彼の出現におびえ彼を攻撃するアメリカ政府、それに彼の訪問の意図を理解して何とか人類滅亡を防ぎたいと考える宇宙生物学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)。

 地球を救うために現われたクラトゥは、人類がこのまま地球環境と他の生物に悪影響を及ぼすのなら、人類を滅亡させるしかないと言うが、果たして人類の運命は・・・、という内容の映画。

 環境問題などが叫ばれている時代に合ったテーマのSF映画ですけど、少々底が浅いというかSFXは立派でも全体的な出来栄えは今ひとつと言う感じ。

 どう見ても数段勝れている科学技術を持っている宇宙からの到来者に、攻撃を受けたわけでもないのにいきなりドンパチしないだろうに・・・。ただアメリカ人だったらやりかねないかと思っちゃう辺りがミソですかね。


 まぁそれなりに面白かったけど、テーマがテーマだけにもっと深みのある作品に出来ると思いました。


2009年8月20日木曜日

時計じかけのオレンジのポスター

 色々とネットショップを見ていると、映画のポスターを扱っている店って結構有るんですね。懐かしい映画のポスターを見ていると、ちょっと昔の事を思い出したりして感傷的な気分になったりします。

 たまたまスタンリー・キューブリックの映画「時計じかけのオレンジ」のポスターを見かけました。この作品は映画館ではなくて試写会で観ましたけど、皮肉の利いた感覚で未来のイギリス社会を描いていて、文化の違いがピンと来なかったのを覚えていますけど、それが何となく今の日本の状況に近くなってきたようで少し怖い。


2009年8月19日水曜日

ブラックバスを車に運んで逮捕される

 ネットを見ていたらブラックバスを生きたまま車に運んだとして、大阪市の男性が特定外来生物法違反容疑で現行犯逮捕されたそうです。

 私は釣りをしませんけど、特定外来生物が運搬や飼育を禁止されているとは知りませんでした。確かに生態系を壊す恐れがあるから、ブラックバスの飼育が問題視されていたのは聞いたことがありますけど、逮捕されるとまでは知らなかった。

 スポーツ・フィッシングの愛好家には人気が有ると言うブラックバスですけど、在来種が駆逐されてしまうのが以前話題になりましたねぇ。しかし私程度の知識では、どの魚がブラックバスかすら分からないから、気をつけないとお縄になっちゃうかもしれないですね。


 

2009年8月18日火曜日

本田圭佑、3試合連続ゴール。すごすぎ・・・。

 オランダVVVフェンロの本田圭佑、何だかスゴイですねぇ・・・。

 リーグ開幕から3試合連続ゴールですか・・・。

 まだ23歳と若いし、次世代の日本代表が育ってきているのは頼もしい。


 最近気になる画像がいち早くYOUTUBEで見れるのもありがたい。


 TVってそのうち必要なくなるかも知れませんね。


2009年8月17日月曜日

「崖の上のポニョ」が全米大ヒットの予感

 先週金曜日に全米で公開された宮崎アニメ「崖の上のポニョ」が、好成績を出しているらしい。

 昨年の日本公開前には、一部で宮崎アニメにしては今ひとつと不評の声も聞きましたけど、私が実際に見てみたら楽しい映画だったし色彩感覚も素晴らしい作品でした。あまり評論家の声も当てにならないという事かしら。

 当然ながら映画はロングラン、主題歌とともに大ヒットしましたね。

 アメリカでも大ヒットすると良いですね。大人が見ても楽しめる作品だと思います。

 
 

2009年8月16日日曜日

ジャイアント・ピーチ

 ディズニー映画「ジャイアント・ピーチ 」をDVDで観ました。

 両親をサイに食べられて亡くした9才の少年ジェームズは、両親亡き後彼の後見人に納まった二人の叔母にこき使われる毎日。

 ある日不思議な老人がジェームズに呉れた袋から現われた沢山の光から、巨大な桃が出現する。

 ジェームズは巨大な桃の中に入り込み、その中に居た虫たちと一緒に希望の街ニューヨークを目指して旅に出る・・・。

 ロアルド・ダール原作の風変わりなおとぎ話を、実写とアニメで描いた作品です。

 同じロアルド・ダール原作の「チャーリーとチョコレート工場」のような常に前を向いて進む少年が救われるという話で、男の子向けのシンデレラ・ストーリーっぽい感じもチョットしました。


2009年8月15日土曜日

「CR花の慶次~斬」ファン感謝祭プレミアムLIVE

 かつて少年ジャンプに連載されていた人気マンガ「花の慶次」とタイアップして好評のニューギンの人気パチンコ機種「CR花の慶次~斬」のファン感謝祭プレミアムLIVEが、今年も8月7日「花慶の日」にJCBホールで開催されました。

 昨年もこのイベントを紹介しましたが、パチンコ機種のファン感謝祭ってあまり一般的ではないですよね?

 ファン感謝祭の模様がニューギンのWEBサイトに掲載されていますけど、女性のお客さんも多いし幅広い人気が有るんだなぁと改めて実感します。

 妙に色っぽい傾寄エンジェルスの面々とか、レースクイン顔負けの受付のお姉さん達とか、太鼓が合って幟が立っていて、全体的に花の慶次の粋な雰囲気が感じられる会場作りが素敵ですね。

 有名パチンコライターによるバトルトークや花の慶次のオリジナルグッズなどが当たるステージ大抽選会など、ゲストの角田信朗氏も盛り上げていたようですし、会場に詰め掛けた花慶ファンの方も満足したのではないでしょうか。

 私は最近パチンコを殆どしませんけど、こういうイベントは楽しそうで良いなぁ・・・。


 

2009年8月14日金曜日

山城新伍さん亡くなる

 あの白馬童子の山城新伍さんが亡くなりました。まだ70歳でしたが、近頃具合が悪かったようです。

 私の年代でも、山城新伍さんは白馬童子というよりもヤクザ映画かバラエティ番組の司会者と言う印象ですけど、東映の時代劇スターでもありました。

 こうして昭和の時代の人たちが、だんだんと減っていくのは寂しいものですね。

 謹んでご冥福をお祈り致します。



2009年8月13日木曜日

本田圭佑好調

 ヨーロッパではいよいよサッカー・シーズンの到来みたいですけど、オランダ1部リーグのVVVフェンロでプレーする本田圭佑が2試合連続でゴールするなど大活躍のようです。

 最近の日本人選手は中村俊輔や森本貴幸もプレッシャーなど物ともしない感じで活躍するから、頼もしいですよね。

 それにしても、こういった日本人選手の活躍がYOUTUBEで簡単に見れるから、便利な世の中になったものだと実感します。

2009年8月12日水曜日

薬剤師専門の転職サイト

 医薬分業とかが推進されるようになって、病院の近くには必ず薬局が置かれるようになりました。

 最近の医薬品のネット販売規制などでも、一応の趣旨はクスリは薬剤師と相談した上で使用しましょうという事だと思います。

 こういうご時勢ですから、今薬剤師の資格をお持ちの方は、色々なところから引く手あまたの人気のようです。

 元々私は化学系に極めて弱いので、薬剤師になろうと思ったことはないし、思ったところで到底ムリなのは分かっていますけど、薬剤師の資格をお持ちの方は、この不景気でフツーの人の就職が大変な状況でも、ドラッグストアや処方箋薬局、病院や製薬会社・食品会社などの企業の開発担当など、求人が殺到しているようで羨ましい。

もし薬剤師の資格を新しい職場で活かしたいと考えているのであれば、薬剤師求人情報センター「ファーマシストバンク」をチェックしてみてはどうですか。

薬剤師専門の転職サイトという事で、手厚いサポートが受けられるみたいです。

2009年8月11日火曜日

今日の朝、地震がありました。

 朝突然の地震で起きてしまいました。

 直ぐにスィッチを入れたTVからは東海地方で震度6弱という強い地震だというニュースが流されていました。

 これは大変な事になるかもと思いましたが、新幹線が止まって東名高速が寸断されましたが、ものすごく悲惨な状況にはならなかったようで、災害に会われた方には申し訳ないけど、まだ良かったかというのが実感です。

 しかし同じタイミングで台風も来ていて、神戸では大きな被害が出て、その台風が東海地方にも影響を及ぼすと言う、何だか大変な状況でしたね。

 こういう事が有る度に災害に備える事は大切だと実感しますが、準備が出来ないのが現実なのが残念です。


2009年8月10日月曜日

ハイビジョンムービーが簡単に撮れる携帯電話

 最近家族が携帯電話を買い換えました。機能が多すぎて訳が分からないようですけど、やっぱり新しい機械を持つのは何となくウレシイものです。

 私も買い換えようかなと思いますけど、昔と違ってハードのお値段がけっこうするので、簡単に買い替えは出来ませんね。もともと携帯電話をそれ程多用しているわけでもないし・・・。

 でも本当に携帯の進歩するスピードの早い事よ・・・。

 ワンセグが付いてフルブラウザ、1000万画素のカメラ付きでお財布ケータイなんて、もう普通の機能でそれがウリにはならないんですね。


 そんな中で、日立から1280×720画素のハイビジョンムービーが撮れるというケータイが登場したそうな。

 auの「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」というケータイです。

 ハイビジョンムービーが撮れるデジタルビデオですら、すごいなぁと思っていたのに、まさか携帯電話でそんな事が出来るようになるなんてビックリです。

 しかもすごいのは、撮りたい場面に出くわしたら、何と約1秒で撮影を開始できるんだそうです。更に3倍ズームは光学式ってケータイでもこんなに高性能なの?

 ハッキリ言って、携帯電話というよりも高機能なデジタルビデオに電話やネットワーク機能が付いているという方が正しいのかも知れない。

 昔のSFの世界がどんどん現実になっているみたいで、年寄りは付いていくのが大変です。

 誰でも簡単にハイビジョンムービーがいつでもすぐ撮れる、言葉にすれば簡単だけど、ホントにスゴイですよね。


SENZ(センズ) Umbrella

 俄かに発生した台風の影響で、関東地方も大雨。時折すごい雨足で外を歩いていたら、ズボンはびしょぬれです。

 こういう時こそと思って、以前買ったオランダ製の台風が来ても耐えられる傘だという「SENZ Umbrella」を差しました。

 ただ雨量は多いようですけど、風は今のところ左程でもないので、まだ傘の威力は発揮出来ていません。雨が降れば濡れざるを得ないのは、どんな傘を差しても同じだと思いますけど、強い風が吹いている時におちょこにならなければ、それだけでも心強い気はしますから、そういう時に試したい。

 それにしても地下に浸水したり、一度に大量の雨が降ると都会でも田舎でも危険な事に変わりは有りません。何だかやっぱり異常気象ですよね。



台風にも耐えられる傘「SENZ Umbrella」

2009年8月9日日曜日

映画「フェイクシティ ある男のルール」

 映画「フェイクシティ ある男のルール」をDVDで観ました。

 正義のためなら手段を選ばないロス市警のラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、気が短く順法精神に乏しく悪党は平気で射殺するいかれた刑事と思われている。

 しかし実際には任務中にもウォッカを飲まずにはいられない状態にいる。その彼を内部監査官に売ったとウワサされる元パートナーのワシントンが彼の目の前で覆面をした二人連れの男に射殺され、ラドローは事件の真相を掴むべく調査を開始する。

 あまりに過激なために周りから浮いている孤独な一匹狼の刑事を主人公にしたアクション・サスペンスです。

 脚本があのジェイムズ・エルロイで確かにL.A.コンフィデンシャルと少し雰囲気が似た作品と言う印象はあります。

 キアヌ・リーヴスって何となく優男という印象を私は持っているのですけど、出演作を見ると案外とアクション・スターという面も強いのですね。こういう短気で乱暴で直情的な男という設定の人物もいくつか演じていますけど、個人的には彼には今ひとつ似合わないように思います。

 作品的にはそんなに驚くほど良い作品でも悪い作品でもなかったですね。


2009年8月8日土曜日

映画「ハリーポッターと謎のプリンス」

 映画「ハリーポッターと謎のプリンス」を観ました。

 原作本もそうなっているから当然なんですけど、ハリポタ・シリーズって巻を追う毎に何となく話が暗くなっていく感じで、無邪気に魔法を楽しむような場面もメッキリと減ってしまいました。

 それとハリーもハーマイオニーもロンも大人になっちゃって、まぁ普通のアドベンチャー・ファンタジィであれば主人公は大人なんですけど、この作品はちょっと種類が違うからなぁ。

 このシリーズ、けっこうロンのオトボケぶりがポイントになっているような気もします。今回はロンが女の子と付き合っているのを見てハーマイオニーが嫉妬しているところが可愛らしい。

 以前のシリーズでは主人公達はみんな未だホントに子供だったけど、もう思春期の青年だからこういうのも様になってきます。

 内容的にはシリーズ物のクライマックスに向かう一歩手前の状態の作品ですから、当たり前だけど終わり方もスッキリしないし、何よりもこの作品からハリポタ・シリーズを観る人もそう沢山は居ないでしょうけど、今回は特に前の作品を観ていない事には楽しめないような気がします。

 

2009年8月7日金曜日

パスケースを買う

 ボロボロになったパスケースを新しい物に変えようと、色々とネットを探し回りましたが、結局ヤフオクでちょっと気に入った物があったので、それを買うことにしました。

 一応海外有名ブランドの国内ライセンス生産品です。

 楽天とかのサイトを見ていると、イタリア製の日本ではあまり聞いた事のないようなブランド品を見かけます。流石にデザイン的にはチョット良いなと思いますけど、あまり知らないブランドは写真でなく実物を見たいと言う気になります。

 それにしても海外でパスケースって一般的なのかな?そう考えると日本製が一番かな?



2009年8月6日木曜日

外壁塗装

 我が家もそろそろ外壁塗装をする時期かなぁと、休みの日に外から外壁を見ると思います。

 ただ、やっぱり外壁塗装はお金がかかる。

 築20年以上の我が家で既に2回外壁塗装をしましたけど、1回につき大体100万円前後かかりました。

 ちょっとした反省材料は、相見積りを取って業者を選択した方が良かったかな?という点です。別に作業してもらった業者に問題が有った訳ではないのですけど、ついつい訪問販売みたいな業者さんを使ってしまうので、本当は自分で調べて色々と納得した方が気持ちが違うように思います。

 もちろん仕上がり具合が一番大事なのですけど、出来るだけリーズナブルな方がウレシイですものね。

 外壁塗装に関してはトラブルもよく聞きますから、適切なアドバイスをくれて、アフターサポートもある業者さんを探したいものです。

2009年8月5日水曜日

サラリーマンの副業

 ともかく不況の影響か、私も世間の人と同じように収入が減って困っています。

 何か効率のよい副業・サイドビジネスが出来れば良いのですけど、特技はないし根性もないし、体力もない窓際サラリーマンでは、副業で稼ぐほどの甲斐性もありません。

 しかも根が怠け者なので、楽して小遣い稼ぎが出来る方法がないものかと考えはするのですけど、やっぱり真剣味にはどうしても欠けます。

 世の中にはブログやアフィリエイトで副収入を得ている人も沢山いますけど、こういうのはやっぱりそれなりのノウハウが有るんだろうなぁ・・・。

 

2009年8月4日火曜日

映画「しゃべれどもしゃべれども」

 佐藤多佳子の小説を映画化した作品「しゃべれどもしゃべれども」をDVDで観ました。

 この作品を観るのは2度目かな。

 古典落語を心から愛する二つ目の落語家今昔亭三つ葉と、話す技術に悩みを持つワケありの3人が、三つ葉主催の話し方教室に集まって少しだけ変わっていくのを描いた作品。

 映画を先に観て、面白かったので原作を読んで、やっぱり原作の方が良いなと思いながらも、美人だけど極端に無愛想で口下手な十河五月を演じた香里奈が可愛かったので、また映画を観る気になってしまった。

 主人公の今昔亭三つ葉役の国分太一も悪くないですよね。古典好きだけど技量が伸びなくて悩む落語家って感じが出ている。でもこの役は原作の方がやっぱり良いかな。

 三つ葉の祖母役の八千草薫、いつまでたっても若くてキレイですね。


2009年8月2日日曜日

コスプレサミットなんて開催しているんですね

 ネットでニュースを見ていたら、コスプレサミットなるものが名古屋で開催されているというのを見ました。

 コスプレが世界中のアニメおたくの中でけっこう流行っているらしいけど、考えてみれば劇中の登場人物に扮装する事自体は以前からありますものね。ただその敷居が低くなってきたと言う事でしょうか。

 流石に欧米の方はスタイルも良いし、様になっている人が多そうな気がするけど、実際に見た訳じゃないからなぁ。

 YOUTUBEとか見ると、このサミットの模様がけっこうアップされていて、世の中便利になったとつくづく思います。


2009年8月1日土曜日

パスケースをネットで探す

 定期入れをいろいろとネット・ショッピングで探しているんですけど、これだ!と言うのがなかなか見つかりませんね。

 実際にはお店に行って実物見たほうが良いのかもしれないけど、何だかネットで買ったほうがリーズナブルな気が最近してきたのは何故なんだろう。

 で、ヤフオクか楽天で探す事が多いのですけど、こちらの商品は革職人なんてネーミングが良くて、値段も手頃だしデザインも私好みのシンプルなものでチョットいい感じです。

 ただ、パスケースにファスナーは要らないかな。なかなかこれだ!!というのは見つかりませんね。